FC2ブログ

榊原清則 経営学入門(下)③

4、研究開発の戦略と組織  研究開発(R&D)新技術(イノベーション)を創造する活動  技術開発独自の技術力(経営資源)を基盤とした競争優位の構築を目指す際の研究開発活動の指針・NEC(日本電気)  最初は通信機専業。半導体などの研究より  通信機メーカーの大きな会社へ・キャノン  最初はカメラの開発・製造。プリンターなど  多角化。アメリカでの特許、日本企業1位・シャープ  TV、洗濯機など「白物家電」...

榊原清則 経営学入門(下)②

2、国際化のための戦略と組織国際化 地理的展開を通じて成長をはかる成長戦略の一種 ①から④へと段階的に推移する①母国中心型(インターナショナル)  本国を中心として他国に出向いて活動②世界化(グローバル)  国や地域の違いを度外視して  地球規模で経営の普遍化をはかる   → 中央集権③複数母国化(マルチドメスティック)  それぞれの国の違いや独自性を  重んじる戦略   → 分権④多元的国際化(トランス...

榊原清則 経営学入門(下)①

榊原清則 経営学入門(下)経営学を初めて学ぶ人におすすめ経営学の入門書です。上巻は組織論、戦略論とまさに経営学の教科書ですが、下巻は研究開発、社内ベンチャーなど応用、実践的な内容となっています。特にこれまで経営学に興味はあったけど学ぶきっかけがなかった人におすすめです。あらすじ・感想1、企業成長のための戦略と組織  製品ライフサイクル理論①開発期、②成長期、③淘汰期、④成熟期⑤飽和期、⑥衰退期、⑦停滞期...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。