FC2ブログ

スティーブン・コヴィ- 7つの習慣①

スティーブン・コヴイー 7つの習慣 人格主義の回復 世界最高峰のビジネス本 今さら説明する必要がないほど有名な本です。 世界で最も売れたビジネス本の1冊であり、 推薦者はクリントン米大統領から リッツ・カールトン、トヨタの社長までに及びます。 人生には原則とすべき7つの 習慣があり、それを実行することにより 真の成功を手に入れます。 世界最高峰の本をぜひ堪能してください! 要約・あらすじ 第一部パラダ...

スティーブン・コヴィ- 7つの習慣②

第二部私的成功 1、主体性を発揮する 自己責任の原則  問題は自分の外にあると考えるのならば  その考えこそが問題である 社会の鏡(取り巻く社会の通念・考え) 人を決定づけているもの  遺伝子的、心理学的、環境的 刺激と反応(刺激に対して直接反応する) 主体性のモデル  人間は自覚、想像力、良心、自由意志という  性質を持っているため、刺激に対して  反応を選択する自由を有している 主体性を発揮する  主...

スティーブン・コヴィ- 7つの習慣③

2、目的を持って始める自己リーダーシップの原則 もし、はしごをかけ違えていれば 一段ずつ昇るごとに 間違った場所に早く辿り着くだけである成功のはしご 「基礎的な価値観」「内的な方向づけ」 → 目的地をはっきりさせる → 目的を持って始める 「活動の罠」忙しさに追われ、自身を見失うすべてのものは二度つくられる 知的な第一の創造(計画) 物的な第二の創造(実行) 「二度測って、一度で切る」意図するか放任...

スティーブン・コヴィ- 7つの習慣④

3、重要事項を優先する 自己管理の原則  大事を小事の犠牲にしてはならない  第一の習慣   創造主、自分で考え、自分で決められる  第二の習慣(右脳)   知的創造を実際に行う(リーダーシップ)  第三の習慣(左脳)   物的創造を行う(マネジメント)   (原則中心、自由意志の発揮) 自由意志の力  人間の4つの独特の性質   自覚、想像力、良心、自由意志  自由意志…   意思決定をし、それに沿って行動...

スティーブン・コヴィ- 7つの習慣⑤

第三部公的成功相互依存のパラダイム 信頼がなければ友情はない。 誠実さがなければ、信頼はない。相互依存 ← 自立公的成功 ← 私的成功効果性 = P/PCのバランス信頼残高という名の財産 礼儀正しい、親切、正直など 信頼残高をつくっておく → コミュニケーションが簡単、効果的信頼残高をつくる6つの大切な預け入れ①相手を理解する 相手にとって大切なことをあなたも大切に思う 人からされたいことを自ら人にする②小さな...

スティーブン・コヴィ- 7つの習慣⑥

6、相乗効果を発揮する創造的な協力の原則 二人の人が同じ意見を持っているとすれば そのうちのひとりは余分である相乗効果 → 人生において最も崇高な活動 → 原則中心リーダーシップの本質コミュニケーションのレベル 信頼と協力 ・防衛的(Win-LoseL、ose-Win) ・尊敬的(妥協) ・相互効果的(Win-Win)相違点を尊ぶ第3の案を探し出す場の分析 ・駆動力  合理的、論理的、意識的、経済的 ・抑止力  感情的、非...

鈴木 哲男 52週マーチャンダイジング④

第6章 52週MDの今後の課題 プロダクト・アウト(生産者志向) マーケット・イン(消費者志向) 値入率の改善  ・販売数量とマス契約  ・重点商品の選定基準    品目が多い部門はテーマが先    串ざしテーマの整理・集約  ・チラシ広告商品との連動   値下げロスの改善  ・ホームケアなどは精度UPと継続  ・食品は52週から104週へ 作業コストの改善  ・拡大・縮小の指示を明確にする  ・基本単品リストの作成...

鈴木 哲男 52週マーチャンダイジング③

第4章 52週MDの技術  重点商品情報はなぜ必要か  ①知恵の共有化が必要なため   競争が激しく、総合力で差がつく時代  ②パート社員が増えたため   写真や数値などで分かりやすく  ③いつでも売り場を維持するため   営業時間の増加に対応する おさえたい内容は何か  ①目立たせ、伝えたいものをクローズアップ  ②変える、変えないものをはっきりさせ、    変えないもののみ情報として流す  ③最低限のスタンダ...

鈴木 哲男 52週マーチャンダイジング②

第2章 52週MDの考え方 1、重点商品をどのように決めるか  ① 実需マトリックスを作成する    (52週別の売上高順位表)  ② 商品別に売れる週を把握する     実需マトリックスを用いる  ③ 週別重点商品を決める     これが他店との差別化につながる  ④ 重点商品が売れる背景をつかむ     行事、イベントなど  ⑤ 重点テーマを決める     お客様に分かりやすくする  ⑥ 週別VMD計画を作成する ...

鈴木 哲男 52週マーチャンダイジング①

鈴木 哲男 52週マーチャンダイジング 重点商品を中心にした営業力強化と組織風土改革 小売業界おすすめの一冊 本書はスーパー、ホームセンター、ドラッグストア など小売業界で働く人向けの本です。 1年を52週に分け、その週ごとの重点商品を考えることにより、店舗の売上を上げる方法について書かれています。 分ける目的、重点商品の考え方、そして具体的なやり方まで説明されており、 すぐに実践できる内容ばかり...