FC2ブログ

犬飼ターボ 「ドリーム」 ③

ドリーム [ 犬飼ターボ ]

価格:1,620円

感想(5件)


この本では、湯沢のレクチャーと同時に
主人公と天才的ビジネスセンスを持つ
石田との新たなビジネスの話も描かれます。

ある日、泉は石田から電話があり、
新たなビジネスの誘いを受けます。

詳細は知らされませんでしたが、石田のセンスに
引かれた泉は誘いを受け共同でビジネスを始めます。

まずビジネス組織「ウィナー」を立ち上げ、
参加者を泉のホームページで募集します。

入会金8万円、入会条件はもう一人誘うこと。
冷やかしメールが2通あったが、13人集まりました。

順調順調

今の自分はうまくいってない。チャンスさえあれば
うまくいくという入会希望者に対し、
石田はそれは言い訳と叱責し希望者を追い返します。
しかし、その方法が功を奏し賛同を得ます。

また、泉は常に最後の面接者となり
崇拝されることにより、
希望者に忠誠心が植えつけられていきます。

参加者は40人にも及び、入会金だけで
320万円となります。

集まった参加者は後日、絵画の販売をしていきます。
売れた分だけ支払う委託形式をとり在庫を抱え込まず
原価5万の絵画を40万円で売るのです。

3日間のイベントで350万円の売上を得ます。
会社を設立し事務所も構えますが
2回目のイベントでは320万円と減少。
強引に売ることもあったため、クレームもあり、
参加者の不満が溜まっていきます。

   ~~続きます~~
  「前の記事」ボタンを押して下さい

  目次(書籍一覧ページ)はこちら 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。