FC2ブログ

犬飼ターボ 「仕事は輝く」 ④

行き詰った時のとてもシンプルな対処法

それはある日の夜明け前に起こった。
都市が襲撃されたのだ。
石切り100人以上の男たちが都市に戻った。
城壁を乗り越え海賊が襲っていた。
燃えている町中で海賊と戦った。

朝日が昇った。
海賊は逃げたが、多くの人々が犠牲となった。
おじさんもその一人であった。
さらに緑の石の指輪を付けた遺体があった。
母であった。

石切り職人は東の城壁に集められた。
王政府からの要請が知らされた。
新たな城壁の構築である。
今の城壁は乗り越えられたため、
そうされない強固な壁を造るのである。

何人かはアルダを見たが、目を伏せた。

喪失感と無力感で何もする気力がなかった。
仕事を辞めようかとも悩んだ。

ザキが訪れた。
新たな城壁を造る仕事をやるように言われた。
最初は断ったが、説得してくれた。
人を束ねる団長は俺の方が向いているが、
改良するのはお前の方が適している。
失敗するかどうかは、やってみないと分からない。
初心を思い出せ!

最後の一文が出てきた。

原点に帰る

行き詰まった時の対処法であった。

すべての秘法が解明された。

・専門家としての意識を持つ
・自分を責めずに改善する
・仕事の意味を考える
・期待を超える
・原点に帰る


アルダは政府の代表に選ばれ
各国の城壁視察へと旅立った。

おしまい

これまでの犬飼氏の小説では、
ハッピー&サクセス(ハピサク)
を推進する著者らしく
現状の立場から成長と幸せの
レベルを高める内容に感じました。

しかし、今回の小説は
現状の立場を嫌にならない、
うまく立ち回る術についてです。

社会に出て仕事を覚えある程度慣れた。
しかしながら、変わらない毎日に少し飽きて
モチベーションが下がり始めた。
30代前後のサラリーマンが
メインのターゲットと思いました。

「星の商人」と同様に巻物を使い
秘訣を順番に紹介していく。
そして、著者が別サイトで記述しているように
「チャンス」「トレジャー」などと異なり
内容を詰め込まない、テーマをしぼった
一冊となっています。

アラフォーサラリーマンの
私にはピッタリの秘法でした。

多くのサラリーマンはやはり
会社にしがみつきます。
それは勇気がないのもあり、
家族のためでもあります。

けれども、成功、出世を扱うビジネス本は
数多くあり面白いですが、
いわゆるアリとキリギリスの
アリを取り上げ、
アリとしてどう立ち回るかについて
述べた本はあまり見かけません。

その点で本書は有益であり、出会えたことに感謝しつつ
秘法をさっそく実行します。

仕事に輝きを取り戻し働く喜びを見つけます。
そして犬飼ターボ氏のように
ハッピー&サクセスになります。

   仕事は輝く レビュー
    ~~以上です~~

  目次(書籍一覧ページ)はこちら 

仕事は輝く [ 犬飼ターボ ]


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント