FC2ブログ

守島 基博 人材マネジメント入門 ①



人材マネジメント入門 レビュー

人事の入門書としておすすめ

人事の仕事とは何か、それに対して必要な
考え方について学ぶことができます。

かつて人事制度は労務管理や人材資源管理と
言われてました。しかし、作者は
人材マネジメントという言葉を採用し、
現在の人事を解説しています。

人材マネジメントには企業と人の2つの
側面から考えなければならない。
人事の基礎を勉強したい人におすすめです!



あらすじ・要約

Ⅰ 人材マネジメントとは

1、人材マネジメントの考え方

(過去)人事労務管理、人材資源管理
 Human Resource Management
  (HRM) 人的資源管理
→ 人材マネジメント

人材マネジメントの役割
  人を活用し、会社の戦略を達成し、
  次の戦略を生み出す人材を提供

人材
 日々成長し、発揮する価値を変化させていく

人材マネジメントに必要なこと
  経営の視点(企業目標の達成)
  人の視点(人の価値を高める)

2、人材マネジメントのデリバラブル

 目標(短期と長期)
→ デリバブル(提供価値)

<短期的経営的>
成果による戦略達成への貢献を高める
<長期的経営的>
戦略を構築する能力を獲得させる
<短期的人的>
公平で情報開示での評価を提供する
<長期的人的>
キャリアを通じて成長させる

3、人事部はいらないのか

人事部の役割の流れ
  労働者の守護神
 → 人事部不要論
 → 経営側よりに
 → 経営、人、バランス良く
  (人材マネジメント)

人材2

Ⅱ 人材を獲得する

1、人的資源の獲得

獲得の方法
 正社員、非正規社員、パート、派遣など
  → 多様な獲得方法

2、人材スペックと人材ポートフォリオ

人材獲得に必要なこと
  必要なスキル、能力などを決定
  (人材スペックの明確化)

コンピテンシー
 戦略からの役割を遂行する能力

人材ポートフォリオ
 企業の戦略達成
  ひとつの種類の人材だけではムリ
 → 人材を組み合わせる

3、採用による人材獲得の3つのステップ

①人的資源計画
 どういう人材を何人欲しいのか?
②募集
働く人と企業とのギャップを減らす
 RJP(Realistic Job Preview)
 いいことも、悪いことも、丸ごと伝える
③選考
 誰が採用するのか?
  本部、新卒一括採用
  部門、中途採用?
 → 部門に採用の権限を移しすぎると
   優秀な人材を手放さない恐れがある
   本部がやりすぎると、現場との
   ミスマッチが起こる恐れがある

4、人材の獲得と多様性

人材の多様性(ダイバーシティ)
女性、マイノリティなど個性の復権

    ~~続きます~~
  「前の記事」ボタンを押して下さい

  目次(書籍一覧ページ)はこちら 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。